井上コーチの木曜日ブログ 番外編


こんにちは!毎週木曜日に更新してましたが、バタバタで土曜日になってしまいました😂


以前ブログではコーディネーションのトレーニング方法を紹介と言いましたが、

今回は皆さんにお伝えしたいことがあるので視点を変えて、


私がコーディネーショントレーニングを通して、保護者の方々に伝えたいことを語っていきます。


最近、保護者の方々から、うちの子のボールの投げ方や走り方を直してほしいと相談を受けることがあります、本当指導者として嬉しい言葉であります😊


しかし、私がいつも言ってるのは、3〜12歳の子どもでしたら、無理に矯正することはないです、この幼児期にとって大事なのはそこじゃないですとお伝えしてます。


なぜ、治さなくていいのか?


それはこの時期に動きを矯正してしまうと、中学、高校生になった時に、身体が成長していく中で、その動きしかできないと、大きくなった時身体を支えられずに、大怪我をする可能性が高くなってきます。


今子どもたちが、やっている動作は、子どもたち自身が自分の体にあってる動きを本能的に

しているんです😊


この動きをスムーズにできることを目指すのがコーディネーショントレーニングなんです。


もちろん、1人1人の個人差があり、比較されると焦りが出ますよね😂


でも1番大事なことは、

今ではなく未来に向けての基盤作り 


だからこそ保護者の方々は、優しく子どもたちが一歩一歩進んでることに対して、しっかりほめてあげてください😊


次回はコーディネーショントレーニング例を紹介していきます

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示